緊急事態宣言中に飲み会 消防隊員4人感染[2021/03/03 00:48]

 東京消防庁の杉並消防署の隊員4人が新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。4人は緊急事態宣言中の先月に他の隊員も含めて8人で飲み会を開いていました。

 東京消防庁によりますと、杉並消防署に勤務する隊員8人は緊急事態宣言中の先月24日に飲み会を開き、このうち20代から30代の男性4人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けました。

 飲み会は泊まり勤務明けの日中に杉並区内の飲食店で約1時間半行われたということです。

 東京消防庁では職員に対し感染予防を呼び掛けていましたが、飲み会に具体的な人数制限などは設けていませんでした。

 杉並消防署・竹内吉彦署長は、「感染拡大防止対策に万全を期します」とコメントしています。

こんな記事も読まれています