悠仁さまが「子どもノンフィクション文学賞」で入賞[2021/03/12 19:30]

 秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さまの作文が北九州市のコンクールで入賞したと宮内庁が発表しました。

 宮内庁などによりますと、悠仁さまの作文は北九州市が主催する「第12回子どもノンフィクション文学賞」の中学生の部で佳作に選ばれました。

 作文のタイトルは「小笠原諸島を訪ねて」で、悠仁さまは小学校5年の夏休みに紀子さまと2人で小笠原諸島を旅行した時の思い出や島の人たちと交流したことを書かれています。

 コンクールはタレントのリリー・フランキーさんらが選考委員を務め、中学生の部では約100の応募のうち、悠仁さまの作文を含めた2編が佳作に選ばれました。

 悠仁さまは20日、オンラインで行われる表彰式に出席される予定です。

 悠仁さまは中学1年の夏休みに書いた作文でも作文コンクールの東京都大会で佳作に入選されています。

こんな記事も読まれています