核融合研究所で火災 放射性物質漏れはなし[2021/03/29 23:14]

 茨城県那珂市の核融合エネルギーの研究をする施設で火災が発生しました。放射性物質の漏れなどは確認されていません。

 火災が起きたのは、那珂市にある量子科学技術研究開発機構の那珂核融合研究所です。

 研究所によりますと、29日の午後3時すぎ、実験装置を動かすための電源の設備から煙が出ているのを従業員が見つけました。

 すぐに従業員が火を消して、駆け付けた消防が午後3時半すぎに鎮火を確認しました。

 火が出たのは放射線管理区域の外で、この火災の影響で放射性物質が外部に漏れるなどの影響はないということです。

 県の原子力安全対策課は「今後、火災の原因を明らかにして再発防止に取り組む」としています。

こんな記事も読まれています