厚労省で6人が感染 うち3人が先月の“宴会”に参加[2021/04/08 11:58]

 厚生労働省は職員23人が深夜まで宴会を開いていた老健局で、宴会に参加していた3人を含む職員ら6人が新型コロナウイルスに感染していたと発表しました。

 厚労省によりますと、先月31日まで老健局にいた職員など6人が新型コロナに集団感染していました。

 5人は今月3日以降、発熱などの症状が出たということです。

 また、3人は先月24日に職員23人が深夜まで銀座の飲食店で行っていた老人保健課の宴会に参加していたということです。

 ただ、宴会の日から発症までに日が経っていることなどから宴会との関係は明らかになっていません。

 このほか老健局の職員2人が検査の結果待ちで、発熱などの症状があるということです。

こんな記事も読まれています