学校献血が徐々に再開も…感染拡大で再び中止を懸念[2021/04/17 12:03]

 増え始めていた若い人の献血が新型コロナウイルスの感染拡大で再び減少する懸念が出ています。

 献血した学生:「(献血をして)誰かの役に立ちたい」

 17日は東京の上智大学に献血バスが派遣されました。

 日本赤十字社によりますと、去年4月は学校に派遣される献血バスが関東甲信越で9台に激減しました。

 対面授業の再開などで今月には60台まで増える見込みですが、感染の再拡大で若い人の献血に再び懸念が出始めています。

 関東甲信越ブロック血液センター・松下麻依子さん:「学校献血の受け入れが減ってしまうこと、10〜20代の献血者が減ることが心配」

 赤十字社は事前の予約を呼び掛けたり、バスの換気を徹底したりしています。

こんな記事も読まれています