「東京でも半数超がN501Y」変異株判定の最前線[2021/04/18 22:30]

大阪府では18日(日)、新型コロナウイルスの新たな感染者が1220人と過去最多を更新しました。確認される感染者数が比較的少ない日曜日に更新されるのは異例のことです。

▽大阪“まん延防止”から2週間
街の声「まあすごい人数やなと思いますけど、でも行くべくして行った数字やないですかね」「出すならもう、緊急事態宣言というところまでいかないといけないと思う」
大阪は、“まん延防止等重点措置”が適用されてまもなく2週間。人々の行動に変化はあったのでしょうか。通天閣のおひざ元、新世界では…
街の声「今、そこで一杯飲んできて」
Q:何時くらいから飲んでますか?
「いやいや、まだ1時間もおれへん」「人見たらな、だいぶん増えたなぁ。これちょっと出すぎやろ。皆、やっぱり怖がってないんちゃうか」

データを見てみると、「まん延防止措置」が始まっても、天王寺・阿倍野エリアの人出は、大きく減ることなくほぼ横ばいです。
“夜の人出”はどうなのでしょうか。17日(土)の午後9時すぎの大阪ミナミ、時短要請で飲食店は閉まっている時間ですが…
Q:人出はどうですか?
街の声「変わらん、全然変わらんと思う。関係ないんじゃない、みんな歩いてるし」「大丈夫やろうっていうので、どんどん(人が)出てきてますもんね」
大阪ミナミのデータを見てもほぼ横ばい、夜の人出も減っていないようです。

▽東京“まん延防止”後、初の週末
佐々木アナ「東京、上野公園です。現在、東京都の職員と警察などが連携をしまして、不要不急の外出をしないよう呼びかけが行われています」
公園を訪れた人「こういう通りで歩いているだけだったら感染しないでしょ」
「若い人たちって、みんな飲み屋さんで飲んでいるんだよね、お酒。マスクしないで」
「あのガード下のあれ見てからもの言ってもらいたいな」

“徹底した人流の抑制”を訴える東京都。小池都知事は、都民以外にも異例の呼びかけをし注目を集めました。
「可能な限り東京へは来ないでいただきたい」
こちらは、18日(日)の羽田空港。「来ないで」と言われても、なかなかそうもいかないようです。
都外から訪れた人「仕事です」
「正直不安いっぱいです。できれば日にちをずらせたらなと思ったんですけれども、どうしてもそれができないということで、覚悟をしてきました」
「変異株はやっぱ怖い、自分も戻ってからPCR検査をしないとなと思います」

▽“変異ウイルス検査”最前線
感染拡大に拍車をかけているのが、“変異ウイルス”の存在です。国の委託を受けて検査を行っている企業を取材したところ、今月に入ってからの“東京での急激な変化”が見えてきました。
大手検査会社「ビー・エム・エル」には、全国の医療機関などから1日1万を超える検体が集まり、24時間態勢でPCR検査が行われています。
佐々木アナ「今、検体が運び込まれてきました、この検体はPCR検査で陽性となったものです。これから“変異ウイルス”かどうかの判定が行われます」
こちらの装置で検出できるのは、「N501Y」変異。従来のウイルスよりも感染力が強く、関西で猛威を振るっている“変異ウイルス”です。
担当者「寝ているものと上がっているもの二つのグラフがありますが、こちら変異をもっていないものは全く増幅が見られない。変異をもっているものを抽出しますとこういったふうに波形があがっているという状況になります」
特に短期間で急増していたのが、東京です。
担当者「直近、この金曜日の測定ですと、東京の『N501Y』の陽性率は50%を超えました」
Q:半分以上がN501Y?
「東京においてもそうなっております」

今月1日の段階では、「N501Y」変異ウイルスの割合は、9.7%でしたが、17日は50.5%に跳ね上がっていたのです。急激な変化に検査の現場も…。
「それは驚きました」
「すごいスピードだなというのは、改めて検査結果から感じています。大阪につきましては、同様に直近金曜日の測定ですと95%を超えておりますので、そう遠くないうちにですね、(東京も)大阪と同じような傾向を辿って、ほぼ全例変異株に置き換わるんじゃないかというふうには予測はされます。」

こんな記事も読まれています