緊急事態宣言 東京都は早ければあすにも要請へ[2021/04/21 06:21]

 新型コロナウイルスの感染が拡大する東京都の小池知事は政府に対して緊急事態宣言を要請するかどうかについて「できるだけ早く行う必要があると考えている」と述べました。早ければ22日にも政府に要請する方針です。

 小池都知事:「やはりこの状況を見ると(宣言の要請を)できるだけ早く行う必要があると考えている」

 東京都は専門家の意見を聞いたうえで早ければ22日にも政府に対して緊急事態宣言を出すよう要請する方針です。

 宣言が出される場合には遊興施設など一部の業種に休業の要請をすることも視野に検討しています。

 都は感染力が強いとされる変異型の広がりをより強い措置で抑えたい考えです。

 20日、東京都は新たに115人の変異型への感染を確認しました。

 一日に発表される人数が100人を超えたのは初めてです。

 都の担当者は「先週よりも変異型の感染が広がっている」と話しています。

 一方、兵庫県でも20日、火曜日としては過去最多の427人の感染が確認されるなど感染の拡大に歯止めが掛からない状況が続いています。

 県は21日午後に対策本部会議を開き、「緊急事態宣言」を国に要請するかどうかについて決めることにしています。

こんな記事も読まれています