小泉環境大臣「目指せプラス1万台」 EVなど普及へ[2021/04/22 07:36]

 小泉環境大臣は電気自動車や燃料電池自動車などの新車の年間販売台数をこれまでより1万台増やしたいと述べました。

 小泉環境大臣:「この補助金を徹底的に世の中に活用頂いて目指せプラス1万台」

 ずらっと並んだ色とりどりの車は日本で販売されている国内外の自動車メーカー13社の電気自動車や燃料電池自動車などです。

 環境省は個人や中小企業が電気自動車などを購入する場合、家庭や企業の電力を再生可能エネルギー100%にしていることを条件に最大80万円までの補助金を支給しています。

 電気自動車などの新車販売台数は年間4万台ほどで、全体に占める割合は0.9%にとどまっています。

 政府は2035年までに新車販売のすべてを電気自動車や燃料電池自動車などにすることを表明しています。

こんな記事も読まれています