東京都の休業要請案 酒を提供の飲食店にも検討[2021/04/22 11:55]

 21日夜、緊急事態宣言を要請した東京都で遊興施設や商業施設など以外に酒を提供する飲食店にも休業を要請する案が出ていることが分かりました。

 小池都知事:「このタイミングを逃すことはできないということで、きのうの段階で要請した。具体的にどのような形でというのは、まさに協議中」

 関係者によりますと、都は宣言の期間について大型連休を含む25日から来月9日か11日までとしたい考えです。

 飲食店に対しては、酒を提供しない場合は営業時間の短縮を要請し、酒を提供する場合には休業を要請する案が挙がっていることが分かりました。

 都は大型の商業施設の他にカラオケ店やバーなどの遊興施設や運動施設、ゲームセンターやパチンコ店など、幅広い業種に対して休業を要請することを想定していて、政府との調整を進めています。

こんな記事も読まれています