五輪の陸上競技テスト大会 無観客での開催を検討[2021/04/22 15:11]

 オリンピック本番に向けた陸上競技のテスト大会が来月9日に行われますが、感染拡大を考慮して無観客での開催が検討されています。

 国立競技場で行われる陸上競技のテスト大会には、男子100メートルで桐生祥秀選手やケンブリッジ飛鳥選手らが出場するほか、海外からも選手が参加する予定です。

 ただ、開催日の来月9日には東京で緊急事態宣言が出ている可能性があり、大会関係者によりますと、無観客での開催を検討しているということです。

 一方、組織委員会の武藤事務総長は会見でオリンピック・パラリンピックの期間中に緊急事態宣言が出た場合の対処について問われると、「仮定の質問に答えるのは控える」と明言を避けました。

こんな記事も読まれています