GW期間中の国内線予約 前年比3倍〜4倍以上増[2021/04/23 17:23]

 ゴールデンウィーク期間の国内線の予約数が去年より3倍から4倍以上増えています。

 航空各社は29日から来月5日までの予約状況を発表しました。

 国内線の予約は全日空が約44万人で、1度目の緊急事態宣言が出ていた去年の同じ時期に比べ、4.4倍以上増えている一方、新型コロナウイルスの影響が出る前のおととしに比べ、4割ほどの数字になっています。

 日本航空グループは約33万人で、去年の3.5倍、おととしの4割弱です。

 各社は今後、需要が減った場合、減便する可能性があるとしています。

こんな記事も読まれています