聖火リレー 沖縄でスタート 具志堅さんら走る[2021/05/01 17:55]

 東京オリンピックの聖火リレーが1日から沖縄県でスタートしました。

 午前10時、お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリさんが沖縄の最初のランナーとして県内での聖火リレーがスタートしました。

 新型コロナウイルスの影響で、沖縄本島では公道を走るリレーは中止となりましたが、石垣島では予定通り、公道を使ってトーチをつなぎました。

 石垣島でアンカーを務めたのは元ボクシング世界チャンピオンの具志堅用高さん(65)で、沿道から市民や観光客が声援を送っていました。

 具志堅用高さん:「(聖火を)石垣島へつなぐことができました。皆さんのおかげです」

こんな記事も読まれています