宣言1週間で人出は…検証「公園・行楽地・夜の街」[2021/05/02 22:00]

「緊急事態宣言」が発出されてから1週間。どの程度、人出を抑え込めているのでしょうか。神奈川県の江の島には多くの観光客が訪れていて、東京ナンバーの車が数多く見られました。
渋谷では…
街の声「結局、こうやって人はいっぱいいるので(宣言は)あんまり意味ないかなと思います」
「(宣言を)出していた方が抑えられるとは思いますけど、1回目よりかは当然効果は薄まるよねっていうのは正直感じる」
「渋谷駅周辺」の人出はどう変化したのでしょうか。“宣言”が出る前と後の1週間平均を比べてみると23.8%減少しましたが、去年1回目の“宣言”時のGWと比べると、+85.9%と大幅に増えています。
2日日曜、東京の新規感染者は879人。先週の日曜日に比べて、244人増えています。医療が危機的状況にある大阪では、2日の新規感染者は1057人。6日連続で1000人超え、感染拡大に歯止めがききません。「なんば駅周辺」の人出を“宣言”前と後で比べてみると、こちらも27.5%の減少にとどまり、去年の “宣言”時と比べると、+104.3%と大幅な増加です。

▽夜の繁華街
“宣言”前と後の人出は、歌舞伎町周辺でも20.8%の減少にとどまり、徹底的な人流抑制はできていません。
リポーター「雨足が強くなってきました、それでも路上でお酒を飲みたいということなのでしょうか、屋根のある場所でマスクを付けずにお酒を片手に路上飲みをしています」
更に歌舞伎町の奥深くに入っていくと…
キャッチ「お兄さんたち居酒屋いかがですか?」「飲み放題ですよ、3000円で1時間」「ガールズバーは朝5時まで24時間やってるところもある」
街の声「(緊急事態宣言)が2回、3回となると(自粛)してもどうせ減らないし」「議員が会食してましたとか、そうなると守っている俺らがバカバカしくなるというか」

▽公園
東京・渋谷区の代々木公園(都立公園)を訪ねてみると…
ディレクター「こちらのサッカー場、緊急事態宣言中は使用できないということです。更にこちらのバスケットコートも全面使用禁止ということです」
訪れた人「バスケしたいなと思って来たんですけど、ここも使えないんだなと。別に飲食するわけじゃないので大丈夫かなと思ったんですけど。こうやって体動かすのもできないってなると本当に家にいるしかないのかなって」
限られた芝生のエリアには、多くのグループが集まっていました。しかし公園では、「2時間以内」「5人以下」「飲酒の自粛」が呼びかけられています。
訪れた人「外の方が安心できるよねってことで代々木公園でピクニック。思っていたより(人が)いてびっくりしました」

▽行楽地
人の流れは、“宣言”が出ていない、隣の神奈川へも。
リポーター「こちら江の島のほうへと向かう道なんですが、渋滞が発生しています。ここ青信号なのですが、車がまったく動きません」
神奈川県有数の観光スポット、江の島。満車となった駐車場には、県外ナンバー、特に東京からの車が目立ちます。『今は神奈川に遊びに来ないで』という呼びかけも空しく、電車でも続々と観光客の姿が…
リポーター「かなり多くの人が改札から出てきました。皆さん続々と海の方へと向かっていきます」
例年のGWよりは少ないものの、かなりの人出です。
訪れた人「都内も緊急事態宣言があったりとかで、なかなか出づらいなというのはありまして。海辺であれば密でもないですし、大丈夫かなと思って来たんですけど、意外と人が多かったですね」
江の島がある藤沢市は、まん延防止等重点措置の対象からも外れていて、お酒の提供もできます。
訪れた人「飲めるなら、飲みたいです」「息抜きくらい、いいんじゃないかなと」
人出が戻ってきたことを喜びつつも、オーナーの思いは複雑です。
オーナー「8時まで一応大丈夫な地域になっていますね」「やるなら全部でびっしりやっていただいたほうが、皆で我慢すれば、明るい未来があるんじゃないかと希望を持てるんですが、今だと何も希望をもてないかなと。来年も同じなんじゃないかと思ってしまいますね」

▽沖縄 
人の流れは遥か遠く、この島にも及んでいました。2日、最高気温27度の夏日となった沖縄。ビーチには “緊急事態宣言”から逃れるように来た人も…
観光客「逆に大阪で遊ぶくらいやったら、ここまで来たら遊べるんかなと思ってきたんですけど」「一応、こっち来る前にPCR受けて問題なかったんで普通に来ましたけど、向こう(兵庫)だと、コンビニの前でたむろして飲んだりとかもあるので、こっちだと全然気が楽ですね」
土産物屋が並ぶ国際通りには、東京からの観光客の姿がありました。
観光客「沖縄に友達もいて、やっぱり観光業なんで来てくれた方が助かるということだったので、GWだし気を付けて行けばいいかなと」
沖縄の素材を使った石鹸が人気のこちらのお店は、GWに入り状況が変わったと言います。客のおよそ6割が首都圏や関西からの観光客です。
土産物店「今日もなんですけど、入店制限が掛かるくらいっていうのが数回ありましたので、予想よりも(お客が)多いっていうのが、まず感想です」
感染対策で、人数制限をしながら営業を続けるこのお店、複雑な胸の内を明かします。
「沖縄の5月のGW中というのが最もいい季節のひとつであると分かっていて、その時に『沖縄を感じてくれ』『是非来てください』と言えない複雑な気持ちが正直あります」

5月2日『サンデーステーション』より

こんな記事も読まれています