五輪とコロナ医療 両立は可能?東大病院長に聞く[2021/05/04 23:30]

東京オリンピック・パラリンピック期間中、医療スタッフは一日最大で、医師300人、看護師400人、大会期間中の2カ月間に約1万人が見込まれています。さらに、選手用と観客用の医務室を130カ所以上を設置し、入院が必要な選手など大会関係者を受け入れる病院も30カ所以上を確保する予定だということです。

厚生労働省アドバイザリーボードのメンバーで、重症者の受け入れ対応にあたっている東京大学医学部附属病院・瀬戸泰之病院長に話を聞きます。

(Q.現実的に可能ですか?)
現在の感染状況が続いている場合、かなり難しいと思います。救急の現場はひっ迫していて、オリンピックへの協力となると救急医療が中心になるので、どうしても重なってしまいます。

(Q.ワクチン接種に影響はありますか?)
ワクチンを接種する役割と、救急医療を担う役割は別と考えていいと思います。

こんな記事も読まれています