小学生70人が東京パラリンピック応援をダンス披露[2021/05/14 15:53]

 東京パラリンピックの開催まで16日で100日となるなか、小学5年生の児童ら70人が選手を応援するためにダンスを披露しました。

 大会組織委員会はパラリンピックの開幕まで16日で100日となるなか、大会マスコットの「ソメイティ」とユーチューブ再生回数が世界1位の「ベイビーシャーク」がコラボしたダンスを約70人の小学生と披露しました。

 このダンスの振り付けには車いすテニスやボッチャなど22競技の動きが組み込まれています。

 選手を応援するために14日、初めて披露されました。

 一方で、東京大会の開催を巡っては観客数の上限がいまだに決まっていないほか、医療体制の確保など課題が残されています。

こんな記事も読まれています