復興支援「ばかうけ」サヴァ缶味登場 お味は…[2021/05/19 07:40]

 過去にはスイカ味も。これまで色々な味とコラボしてきた定番スナック菓子「ばかうけ」。今回、初めて東日本大震災の復興支援の一環としてサヴァ缶味が発売されます。

 栗山米菓マーケティング部・前田早耶さん:「今年で東日本大震災から10年という節目の年だったということと、コロナ禍で世の中が暗い雰囲気になっていたので、皆さんに元気を届けられるような商品を作れないか、というところがきっかけでした」

 これまで、有名シェフの作るチャーハンや唐揚げ、「まさかのスイカ風味」などスナック菓子とは思えない味が再現されてきた、ばかうけ。

 今回は、原料に国産のサバ粉末を使い東日本大震災の復興支援の一環として生まれた岩手・三陸発の「Cava(サヴァ)?缶」の2つの味で登場します。

 そして、見ての通り普通のばかうけとは大きさが違います。試作段階のアイデアで通常サイズから魚の形をイメージしたこのサイズに変更されました。

 企画から開発まで携わった前田さんは…。

 栗山米菓マーケティング部・前田早耶さん:「大変だったのは、国産サバの粉末を練り込んでいるが、練り込みを入れるとお米のつながりが悪くなって生地が壊れやすくなってしまう。そこを改善するのに何度も現場の方と打ち合わせをして試作を繰り返した」

 そんな苦労があったんですね。サヴァ缶味の「ヴァかうけ」は31日から全国で発売され、売り上げの一部は東北地方の復興支援の取り組みに役立てられます。

こんな記事も読まれています