不明だった巨大ヘビがアパートの屋根裏で見つかる[2021/05/22 17:21]

 横浜市のアパートからいなくなっていたアミメニシキヘビが22日午後、飼われていたアパート内で発見されました。ヘビは生きているということです。

 アミメニシキヘビは6日、横浜市戸塚区のアパートの部屋から逃げ出しました。

 警察などによりますと、この部屋に住んでいた男性がペットとして飼っていました。

 体長は約3.5メートル、直径は10センチ、その後、警察や消防団などが周辺の警戒や捜索を続けていました。

 22日午後5時前、爬虫(はちゅう)類の専門家がアパート内でヘビを発見したということです。

 発見した専門家は、ヘビは外ではなく屋根裏にいる可能性があるとして22日、アパート内を探していました。

ヘビは生きているということです。

こんな記事も読まれています