【新型コロナ】感染“増強”抗体を世界初発見[2021/05/25 21:45]

 ヒトの体内に複数ある抗体のなかに新型コロナウイルスの感染を防ぐのではなく、逆に感染する力を強めてしまう抗体があることが分かりました。

 大阪大学の荒瀬尚教授らは新型コロナウイルスの感染力を2倍から3倍強める「感染増強抗体」を世界で初めて発見したと発表しました。

 アメリカの科学雑誌「セル」のオンライン版に掲載されました。

 感染増強抗体が新型コロナウイルスと結合すると、ウイルス表面にあるスパイクと呼ばれる突起部分の形が変化してヒトの細胞とくっ付きやすくなるということです。

 重症患者は感染増強抗体の量が感染を予防する「中和抗体」よりも多いことも分かったということです。

 さらに、感染歴のない人の約5%からも感染増強抗体がわずかに確認されました。

 感染増強抗体を持っている人は重症化しやすい可能性があるとしています。

 感染歴のない人がなぜ、感染増強抗体を持っているかは全く分かっていません。

 ワクチンを接種した場合でも感染増強抗体が作られますが、ウイルスの感染を防ぐ中和抗体も大量に作られるため、重症化の恐れはないとしています。

 荒瀬教授は「ファイザーのワクチンを投与した人の血清などを調べてみたが、非常に強力な中和抗体が産生されていて、インド株であっても中和することができるという状況なので、感染増強抗体ができていても多分、今のところは問題ないだろう」としている。

 しかし、現在のワクチンでできる中和抗体が効かない新たな変異型が出現した場合、感染増強抗体によって重症化する恐れが出てくることも考えられるということです。

 荒瀬教授は感染増強抗体を調べる抗体検査の方法が確立できれば、感染者が重症化するリスクを事前につかめる可能性があるとしています。

こんな記事も読まれています