山間部の高齢者に巡回でワクチン集団接種 山梨市[2021/05/26 12:27]

 山梨市では、山間部に住む高齢者が新型コロナワクチンを身近な場所で打てるよう、集会所での接種を26日から始めました。

 人口約3万4000人のうち、4割近くが65歳以上の高齢者の山梨市では、かかりつけ医によるワクチンの個別接種が中心です。

 山間部などに暮らす高齢者は医療機関まで足を運ぶことが難しいため、市は小さな集会所などを巡回する集団接種を始めました。

 ワクチン接種した男性(74):「透析もやってるから大変。ありがたいです、近くて」

 ワクチン接種した女性(76):「自由に動ける人はいいんですけれども、そういう人ばかりではないので。高齢者にとってはありがたいですね」

 26日は集会所に集まった21人のほか、近くで在宅医療などを受けている3人も自宅で接種しました。

 市は高齢者への接種を7月末には終えたいとしています。

こんな記事も読まれています