A級戦犯7人の遺骨「太平洋にまいた」米公文書発見[2021/06/07 12:22]

 これまで謎だった東条英機元総理ら第2次世界大戦のA級戦犯7人の遺骨の処理について、「太平洋にまいた」などと詳細が記された公文書が見つかりました。

 文書は当時、横浜市にあったアメリカ第8軍の少佐が遺骨処理について報告したものです。

 1948年12月23日午前0時すぎ、東京・豊島区にあった巣鴨プリズンで東条英機元総理らA級戦犯7人の死刑が執行された後、遺体は横浜市で火葬されました。

 その後、7人の遺骨は太平洋上空から海にまかれたということです。

 この文書をアメリカ国立公文書館で入手した日本大学の高沢弘明専任講師は、「遺骨を海にまいたことが記載された公文書が見つかったのは初めて」としています。

こんな記事も読まれています