建設現場アスベスト被害 給付金支給の救済法が成立[2021/06/10 06:13]

 建設現場でアスベストの健康被害を受けた元作業員らに対し、給付金を支給する救済法が9日に参議院本会議で可決、成立しました。

 成立した救済法で給付金の対象となるのは一定の期間アスベストにさらされる建設業務に就き、肺がんなどを患った労働者らで最大3万1000人に上ります。

 国に訴訟を起こしていない被害者も含まれます。

 厚生労働省の審査会で認定されれば、症状に応じて本人や遺族に1人あたり最大1300万円が支給されます。

こんな記事も読まれています