海外の大会関係者1日当たり7.7人が陽性と試算[2021/06/11 21:00]

 東京オリンピックで海外から来る選手や大会関係者のなかで一日あたり7.7人の感染者が出ると試算されていることが分かりました。

 11日に行われた組織委員会の感染症専門家会議で示された資料によりますと、海外から来る選手や大会関係者は7万7000人で、そのうち一日あたり7.7人が新たに新型コロナウイルスの陽性者になると試算されています。

 ピーク時では選手1人程度、大会関係者10人程が入院するとしています。

 ただ、この試算は誰もワクチンを接種していない条件でのものだということで、実際には、この試算を大幅に下回る可能性があるとしています。

こんな記事も読まれています