五輪開会式「2万人より少なく…」一般観客は1万人[2021/06/21 19:06]

 東京オリンピックの開会式の全入場者数は、2万人より少なくなる見通しです。

 組織委員会の武藤事務総長は、国際オリンピック委員会などとの5者協議の後の会見で、オリンピックの開会式の入場者数について聞かれました。

 武藤氏は、人数は精査中としたうえで、「一部報道で2万人との数字があるが、それよりは明らかに少ない数字になると思っている」との見解を示しました。

 5者協議の場では、観客数について会場収容定員の50%以内で、1万人を上限とすることで決まったとしています。

 これに従えば、国立競技場で行われる開会式には1万人の一般観客が入ることになります。

こんな記事も読まれています