「路上飲み」見回りを強化 都のコロナ対策会議[2021/06/29 17:35]

 体制を強化して「路上飲み」の見回りを毎晩するということです。

 小池都知事の入院が続くなか、東京都の新型コロナウイルスの対策会議が開かれました。

 会議では50代以下の感染者の割合が増えていることや後遺症の相談は30代以下が4割を占めていることが指摘されました。

 ワクチンが行き渡っていない若い人の感染の増加が懸念されるなか、東京都は職員を延べ150人体制に増やしたうえで繁華街や学生街で外出自粛などの呼び掛けを強化します。

 また、路上での飲食をやめるよう毎晩、見回りをするということです。

こちらも読まれています