「ナンペイ」事件から26年 周辺の3D動画など公開[2021/07/20 12:11]

 東京・八王子市のスーパーで女子高校生ら3人が殺害された事件から30日で26年となるのを前に、警視庁が改めて情報提供を呼び掛けました。

 1995年7月30日、八王子市大和田町のスーパー「ナンペイ」でアルバイトの女子高校生ら3人が殺害されました。

 警視庁は延べ約21万4000人の捜査員を投入していますが、事件は未解決です。

 スーパーがすでに取り壊されていることから、警視庁は当時の現場周辺を再現した3D動画などを公開していますが、情報提供はこの1年で28件と減り続けているということです。

 今月30日で事件から26年を迎えるのを前に、「当時の記憶を呼び起こし、ささいなことでも連絡下さい」と情報の提供を呼び掛けています。

こんな記事も読まれています