選手村で新たに1人感染 南ア濃厚接触者は18人に[2021/07/20 11:51]

 東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会は、選手村に滞在する選手1人を含む9人の陽性が新たに確認されたと発表しました。

 組織委員会によりますと、新たに感染が確認された9人のうち2人は海外から入国した人です。

 さらに、このうち1人は選手村に滞在する選手だということです。国籍やどの競技の選手なのかは明らかにしていません。

 これで組織委員会が発表した大会関係者の陽性者は71人となりました。

 19日に発表されたサッカー・南アフリカ代表の濃厚接触者21人については、20日は18人と発表されました。なぜ人数が減ったかについては明らかにしていません。

こんな記事も読まれています