お盆期間の新幹線予約状況 去年同時期より約13%増[2021/07/20 19:07]

 お盆期間を含む来月6日から17日までの各新幹線の指定席の予約状況は去年の同じ時期と比べ全体で約13%増えています。

 JR各社によりますと、東海道、山陽、東北、九州など、各新幹線の来月6日から17日までの予約席数は19日の段階で約66万席となっています。

 去年の同じ時期に比べて約13%増えてました。

 山陽新幹線が10%ほど減りましたが、北陸新幹線は去年より63%増加しています。

 JR西日本は割引商品の利用者が増えた影響とみています。

 また、JR東海は緊急事態宣言などを受けて東海道新幹線の一日平均の運行本数を当初の計画より約14%減らし、345本にするとしています。

 自由席については時間帯によって混雑する可能性があるので、なるべく事前に指定席を予約してほしいとしています

こんな記事も読まれています