ボランティアら大会関係者9人感染 合わせて71人に[2021/07/20 18:12]

 新たに9人の感染が確認され、これまでで合わせて71人となりました。

 組織委員会によりますと、新たに感染が確認された大会関係者9人のうち1人はボランティアだということです。

 大会ボランティアの感染が確認されるのは今回が初めてとなります。

 日本在住で、17日に岩手県で感染が確認されたことが分かっています。

 さらに、海外から来た2人の感染も確認されていて、そのうちの1人は選手村に滞在するチェコの選手だということです。

 また、19日に発表されたサッカー・南アフリカ代表の濃厚接触者21人のうち3人が追加調査の結果、感染者と接触がなかったことが分かりました。

 これで濃厚接触者は18人になりました。

こんな記事も読まれています