米・モデルナワクチン 新たに5000万回分を契約[2021/07/20 18:33]

 アメリカのモデルナ社と新型コロナワクチン5000万回分の契約を新たに結んだことを田村厚生労働大臣が発表しました。

 来年の初頭以降に追加で供給を受ける契約です。

 モデルナのワクチンはこれまでに職域接種や自治体の集団接種の会場などで使われていて、すでに契約している5000万回分と合わせて国内への合計の供給量は1億回分となります。

 モデルナは変異ウイルスに対応したワクチンの開発も進めていて、開発に成功した場合にはそのワクチンの供給を受けられるということです。

こんな記事も読まれています