保護のウガンダ人選手を泉佐野市が引き受け 帰国へ[2021/07/21 17:31]

 東京オリンピックの事前合宿で来日し、大阪府泉佐野市で行方不明になっていたウガンダのジュリアス・セチトレコ選手(20)について21日、保護していた警察から泉佐野市が引き受けたということです。

 泉佐野市によりますと、セチトレコ選手はウガンダ大使館に引き渡されたうえで、選手は大使と成田空港に向かい、21日夜の便でウガンダへの帰国の途に就く予定だということです。

こんな記事も読まれています