菅総理 米紙に五輪語る「挑戦するのが政府の役割」[2021/07/22 13:07]

 21日の東京の感染者は1800人を超え、感染の拡大に歯止めが掛かりません。23日の開会式を前に、オリンピック選手の感染も相次いで明らかになっています。

■専門家会議「第3波をはるかに超えるペース」

 4連休を前に、21日夜の繁華街は、人であふれていました。

 会社員:「会社も割と、周りの話聞いてると、あんまり在宅してない。皆、こうやって出歩いてるし」
 大学生:「これくらい(人が)出てると、3000人、5000人とかに増えちゃいそうな感じがします」

 21日、東京都の新規感染者数は1832人で、前の週より680人以上、増加しました。

 東京都・小池百合子知事:「もう危機だ、危機だと聞き飽きたかもしれませんけれども、しかしながら、今、極めて重要な状況にある」

 都の専門家会議は、「第3波をはるかに超えるペース」だと懸念を示し、2週間後の感染者数は約2600人に及ぶとの試算を出しました。

■菅総理が米紙に「挑戦するのが政府の役割」

 23日の開会式を前に、相次いでいるのは、オリンピック選手の感染です。

 女子テコンドーのチリ代表やチェコのビーチバレーのコーチなど、21日までに組織委員会が発表した大会関係の感染者は79人に上ります。

 アメリカの女子体操チームは、安全のため、選手村に宿泊せずにホテルに泊まるといいます。

 アメリカ女子体操チームのコーチ:「ホテルの方が、選手の管理や私たちの安全管理をできると思う」

 菅総理大臣は、ウォールストリート・ジャーナルのインタビューに次のように答えました。

 菅総理大臣:「やめることは一番簡単なこと。楽なことだ。挑戦するのが政府の役割だ」

こんな記事も読まれています