パラリンピック選手が続々と 約276人が入国予定[2021/08/06 17:34]

 24日に開幕する東京パラリンピックに向けて、各国の選手団が事前合宿を行うため続々と入国しています。

 6日に到着するのは、南米のチリ、ブラジル、コロンビアの選手団合わせて124人です。

 このうち、チリとコロンビアの選手団は東京・三鷹市と品川区で事前合宿に入りますが、都内で事前合宿するパラリンピックの選手団の到着は今回が初めてです。

 三鷹市はホテルや練習会場となる施設と連携して、車いすでも不自由なく移動できるようにスロープを設置するなど、受け入れの準備を行ってきたということです。

 政府によりますと、8日までに約276人が事前合宿のために入国する予定で、来週にかけて入国のピークを迎えます。

こんな記事も読まれています