自宅療養中に容体が急変 救急搬送も40代男性死亡[2021/08/17 11:18]

 新型コロナウイルスの感染急拡大で自宅療養者が増加するなか、東京・江戸川区の40代の男性が自宅で療養中に容体が急変し、12日に死亡していたことが分かりました。

 関係者によりますと、江戸川区の40代の男性は医療機関でPCR検査を受け、9日に陽性判定を受けました。

 基礎疾患はなく、自宅で療養していたところ3日後の12日に容体が急変し、救急搬送された病院で死亡が確認されました。

 東京都によりますと、7月下旬からのいわゆる「第5波」による感染の急拡大で、男性が死亡した12日時点で都内では2万726人が自宅療養していました。

 自宅療養中に死亡した人は16日までに6人確認されているということです。

こんな記事も読まれています