東京 検査追い付かず専門家「未把握の感染者も…」[2021/08/21 06:20]

 東京都では20日も5000人を超える新型コロナウイルスの感染者が確認されました。感染の拡大にPCR検査が追い付かず、専門家は「把握されていない多くの感染者がいる可能性がある」と警告しました。

 小池都知事:「現在、我が国はコロナとの闘いの真っただ中であり、かつ最大の危機を迎えていると言っていいと思う」

 東京都が20日に発表した新たな感染者は5405人でした。また、7人の死亡が確認されました。

 都の会議で専門家は、PCR検査が感染者の増加に追い付かず「把握されていない多数の感染者がいる可能性がある」と警告しました。

 また、広い年代で重症者が出ていることから、「あらゆる世代に感染によるリスクがあることを啓発する必要がある」と指摘しました。

 小池知事は自宅療養中の患者に酸素を投与する「酸素ステーション」を、21日から大田区の公社荏原病院で、23日から渋谷区の都の施設で、それぞれ開設することを明らかにしました。

こんな記事も読まれています