台風14号と秋雨前線 週後半は全国的に荒れた天気[2021/09/15 12:05]

 東シナ海の台風14号は、今後、発達した温帯低気圧として列島へ近付く恐れがあります。

 台風14号は、現在、東シナ海をゆっくり東へ進んでいます。

 最新の予報では、17日の朝に朝鮮半島の南で温帯低気圧に変わる見込みです。

 ただ、この台風14号は温帯低気圧に変わった後、18日にかけて本州付近で再び発達する可能性があります。

 西日本では、すでに秋雨前線や湿った空気の影響で、不安定な天気が続いています。

 山口県の萩市の県道で、長雨の影響とみられる土砂崩れが発生しました。けが人はいませんでした。

 17日から18日にかけては全国的に雨や風が強まり、警報級の暴風となる恐れがあります。今後の情報にご注意下さい。

こんな記事も読まれています