“家飲み”後の運転増加 埼玉で飲酒運転取り締まり[2021/09/25 07:56]

 秋の全国交通安全運動にあわせて埼玉県内で飲酒運転の一斉取り締まりが行われました。

 川口市では午後8時すぎに車の検問が始まり、警察官が運転手のアルコール検査をしました。

 警察によりますと、埼玉県では先月までに去年よりも6人多い83人が交通事故で死亡しています。

 全国では4番目に多い死亡者数です。

 新型コロナの影響で店での飲酒が減る一方で、家で酒を飲んだ後に運転をするケースが増えています。

 交通指導課長:「緊急事態宣言が出ているなか、飲酒運転の形が変わってきている。飲酒運転の取り締まりは、さらに厳しく取り締まっていく考えです」

こんな記事も読まれています