眞子さまPTSDに…側近「お支え十分だったか…」[2021/10/01 19:29]

 宮内庁は1日、秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまが今月26日に結婚すると発表しました。一方、会見では医師から、眞子さまが「複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)」と診断されているとして、眞子さまのご体調についても説明がありました。皇居・乾門前から報告です。

 (社会部・金井誠一郎記者報告)
 午後2時から始まった会見は約1時間半にわたって行われました。

 秋篠宮家の側近のトップにあたる皇嗣職大夫らが眞子さまと小室圭さんとのご結婚のほか、眞子さまのご体調についても説明しました。

 その後、行われた質疑応答では出席した記者から質問が70問近く及び、そのなかで眞子さまが複雑性PTSDの状態と診断されたことについて、支える側としての受け止めなどを尋ねられると、皇嗣職大夫は「やはり、お支えをする立場の者として大変、心が痛みます。お支えが十分であったのか申し訳なく思っている」とを詰まらせながら話しました。

 数メートルほど離れた所からは涙ぐんでいるように見えました。

 ご結婚の日程などが会見の中心の話題となる予定でしたが、眞子さまの症状について発表され、報道陣にも大きな衝撃が走っています。

こんな記事も読まれています