JRの変電所で火災 運転見合わせなど…広範囲に影響[2021/10/10 18:02]

 埼玉県蕨市にあるJR東日本の変電所で火災が発生しました。この影響で、複数の路線が現在も運転を見合わせています。

 埼玉県蕨市にあるJRの変電所で発生した火災。

 撮影者:「部屋で過ごしていたら急に轟音(ごうおん)みたいなのが、雷がいきなり落ちたような音がしてびっくりして慌てて外に出て、まさか近くで火災が起きていると思えない状態」

 消防によりますと、10日午後0時50分すぎ、近所の人などから「変電所で爆発音が聞こえ火災が発生した」と通報が入りました。

 撮影者:「最初は火が出て白い煙が流れているような状態だった。急に黒煙みたいなのがすごいモクモクと」

 乗客:「『急ブレーキかけます』みたいな感じで何か障害物があったのかな程度で止まった。止まってからは2時間ぐらいで長かった」

 この火災の影響とみられる停電は蕨駅だけでなく、山手線、京浜東北線、埼京線、常磐線などJR東日本管内の多くの路線が一時、運転を見合わせました。

 駅アナウンス:「改札の外に出て下さい。外に出て下さい。お願いします。また分かり次第お知らせします」

 突然の運転見合わせに説明に追われる駅員の姿も。

 駅アナウンス:「ただ今、山手線・埼京線・湘南新宿ラインともに運転を見合わせています。当駅からのJR線はすべて運転を見合わせております」

 10日は日曜日でしたが交通の混乱はJR池袋駅、赤羽駅にも。

 運転見合わせからおよそ1時間後。

 駅アナウンス:「停電の影響で運転を見合わせておりました山手線の内外回り電車のみ運転を再開致します」

 午後3時20分時点、山手線や常磐線などが運転を再開していますが、ダイヤは大幅に乱れが生じています。また、高崎線、宇都宮線はまだ運転を見合わせています。

 JRの変電所火災は午後4時17分に消し止められました。JR東日本は火災の原因や停電の影響が広範囲にわたった要因について調べています。

こんな記事も読まれています