東京・調布市 小型機墜落事故 遺族側が逆転敗訴[2021/10/13 23:29]

 東京・調布市で小型機が墜落して3人が死亡した事故を巡り、遺族が小型機の管理会社に賠償を求めた裁判で、東京高裁は遺族側の逆転敗訴を言い渡しました。

 2015年、調布市で小型機が調布飛行場を離陸した直後に住宅街に墜落し、機長と同乗者のほか、住宅で巻き添えになった女性(当時34)が死亡しました。

 女性の遺族は小型機の管理会社などに慰謝料などを求める裁判を起こしていました。

 一審の東京地裁は「飛行機の重量超過を機長に伝えなかった」として管理会社などの責任を認め、およそ7500万円の賠償を命じました。

 管理会社は控訴していましたが、13日の判決で東京高裁は「最大重量を超えていたとは直ちには認めがたい」「事故の原因は機長の過失だった」と指摘しました。

 そのうえで、管理会社の責任を認めた一審判決を取り消し、遺族側の逆転敗訴を言い渡しました。

こんな記事も読まれています