女性の自殺2年ぶり増 コロナ禍の労働環境が影響か[2021/11/02 12:30]

 去年1年間で自殺した人はおよそ2万1000人で、2年ぶりに女性の自殺者が増えました。なかでも、働く女性の割合が多くなっていて、新型コロナで労働環境の変化が影響した可能性があるとみられています。

 厚労省が2日発表した自殺対策白書によりますと、去年1年間の自殺者は2万1081人で、前の年よりも912人増えました。

 男性は11年連続で減り続けていますが、女性は2年ぶりに増加しました。

 女性について過去5年間の平均と比べると、職業別では「被雇用者・勤め人」が381人増えていたほか、理由も「勤務問題」が最も増えました。

 厚労省は、コロナ禍で労働環境の変化が影響した可能性があると分析しています。

こんな記事も読まれています