ビジネス目的での入国 待機期間10日から3日に短縮[2021/11/05 17:40]

 ビジネス目的での入国者の待機期間が原則3日に短縮されます。

 政府は水際措置の緩和を発表し、ビジネス目的の入国者について、ワクチン接種や検査での陰性確認に加え、企業による行動管理などを条件に待機期間を現在の10日から3日に短縮します。

 これまで原則、停止していた外国人留学生や技能実習生らの入国についても受け入れる大学や企業が行動管理をすることなどを条件に認める方針です。

 これらの措置の申請の受け付けは8日から開始されます。

こんな記事も読まれています