「何かあったら警察に」ベトナム人に注意チラシ配布[2021/11/12 09:34]

 ベトナム人が被害者や加害者になる外国人犯罪の急増を受け、埼玉県警は、ベトナム人が多く住む団地で注意を呼び掛けるチラシを配布しました。

 11日、埼玉県警の警察官は通訳とともに、吉川市内の団地に住むベトナム人の部屋を一軒一軒、訪ねて回りました。

 県内ではここ数年、ベトナム人が被害者や加害者になる事件が急増しています。

 団地には、およそ70世帯のベトナム人が暮らしていて、警察官らは「何かあったら警察に電話して下さい」などと、ベトナム語で書かれたチラシを配布しました。

 国際捜査課担当者:「外国人の方も安心して生活できるように我々も一生懸命、頑張っていきたいと思う」

 チラシには交通事故の当事者になったり、犯罪に巻き込まれたりした時に取るべき行動などがイラストとともに書かれています。

 埼玉県警は、今後も外国人などが多く住む場所でこうした取り組みを続けていくとしています。

こんな記事も読まれています