廊下に呼び出され…中学校で男子生徒刺され死亡[2021/11/24 18:40]

 愛知県弥富市の中学校で3年の男子生徒が包丁で刺されて死亡しました。被害者は事件直前、逮捕された男子生徒から廊下に呼び出されていたということです。

 事件が起きたのは授業が始まる前の学校の中でした。

 24日午前8時ごろ、弥富市の中学校の校舎2階の廊下で3年の男子生徒が同級生の男子生徒に腹のあたりを包丁で刺されました。

 刺された14歳の男子生徒は病院に搬送されましたが、その後、出血性ショックによる死亡が確認されました。

 中学校の校長:「廊下で刺された後だと思いますが、そのけがを負った状態で教室に刺された方の生徒さんが戻りました。担任の先生から『救急車を呼んで下さい』というような連絡がございました。出血もあったものですから、厳しい状態だなと思いながら救急隊が来るまで学校としてはでき得る限りの心臓マッサージを行ったりだとか、意識の確認をしたりしながら過ごして参りました」

 同級生の男子生徒は駆け付けた警察に現行犯逮捕されました。

 中学校の校長:「加害者が凶器を持ってましたので(教師が)それを下ろすように言ったという事実はございます」

 中学3年の男子生徒(14):「私がやったことに間違いありません」

 凶器は刃渡り20センチほどの細い包丁で逮捕された男子生徒が学校に持ち込んだ可能性があるということです。

 教室から廊下に呼び出して犯行に及んだとみられ、悲鳴が聞こえたため教師が駆け付けていました。

 2人は去年同じクラスで、現在は別々のクラス。学校側は事件について思い当たることはないとしています。

 中学校の校長:「生徒の方にも今、聞き取りをしながら、どんなことがあったかということについて確認をしているところであります。特に加害生徒について、おかしなところがあるとか、そんなことは全くなくて。ですので、なぜそんなことをやったのかなということが私たちにも良く分からなくて非常に混乱しているところなので」

 警察は事件に至った経緯などを詳しく調べています。

こんな記事も読まれています