東京でコロナ陽性者の救急搬送が激減 6週連続で1桁[2021/11/30 11:32]

 東京消防庁が先週1週間に扱った新型コロナの陽性者の救急搬送は3件で、6週連続で1桁だったことが分かりました。

 東京消防庁によりますと、22日から28日までの1週間に、新型コロナの陽性者が救急車を要請して医療機関に搬送された件数は3件でした。

 その前の週は1件で、1桁は6週連続です。

 ピークは「第5波」の時、東京の一日の新規感染者が5000人を超えた日を含む8月9日からの週で、救急搬送は845件でした。

 この週は通報が2259件あり、搬送先が見つからないなどの理由でおよそ6割が搬送されない状況でした。

 東京都は、世界で感染が確認されているオミクロン株について水際対策の強化を国に要請するなど、警戒を強めています。

こんな記事も読まれています