【独自】世田谷一家殺害21年 同型包丁購入者を特定[2021/12/17 12:02]

 21年前、東京・世田谷区で一家4人が殺害された事件で、凶器と同じ種類の包丁を事件前日に購入し、イラストが公開されていた男性について、警視庁が最新の画像解析技術で特定していたことが分かりました。ただ、現場に残された犯人のDNA型とは一致しなかったということです。

 2000年12月30日、世田谷区の住宅で、宮沢みきおさん一家4人が殺害されました。

 今月末で21年経ちますが、事件は未解決です。

 現場の住宅には、凶器として使われた刃渡り21センチの「関孫六銀寿」という柳刃包丁が残されていました。

 事件前日、現場から5キロほど離れた武蔵野市内のスーパーで関孫六銀寿を購入した人物がいました

 警視庁は、包丁を購入した男性について、防犯カメラの画像を元にイラストを作って2004年に公開し、情報提供を求めてきました。

 捜査関係者への取材で、最新の解析技術で防犯カメラの画像を鮮明化することに成功し、今年に入り、この男性を特定したことが分かりました。

 警視庁は特定された男性のDNA型を現場に残された犯人のものと照合しましたが、一致しなかったということです。

 警視庁は、今後も最先端の解析技術を駆使して、容疑者を特定する作業の洗い直しを進めるとしています。

こんな記事も読まれています