コロナ飲み薬を国内初承認「切り札になり得る」[2021/12/25 01:45]

 厚生労働省は24日、新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」を特例承認しました。コロナ向けに開発された飲み薬が承認されるのは国内初です。

 後藤厚労大臣:「軽症者向けの経口治療薬は国民が安心して暮らせるための切り札になり得る」

 特例承認された「モルヌピラビル」はアメリカの製薬大手「メルク」が開発したコロナの軽症や中等症向けの飲み薬で、臨床試験では入院や死亡のリスクが3割減ったということです。

 18歳以上が対象で、4錠ずつを一日に2回、5日間服用します。

 政府は160万回分の供給を受ける契約を結んでいて、このうち20万回分が26日から全国に配送されます。

 後藤大臣は「薬局に行かなくても手に入れられる配送体制を整備したい」としています。

こんな記事も読まれています