「老後の蓄えに…」 偽版画を計73万円で販売か[2022/01/12 19:15]

 元画商は「間違いありません」と起訴内容を認めました。

 加藤雄三被告(53)は愛知県の画商らに日本画家・東山魁夷の偽の版画「草青む」「風吹く浜」を合わせて73万円で販売するなど、著作権を侵害した罪に問われています。

 初公判で加藤被告は「間違いありません」と起訴内容を認めました。

 被告人質問では「偽物だと発覚しないように少しずつ販売していた」「売り上げは老後の蓄えにしようと考えた」などと述べました。

 検察側は加藤被告に対して懲役3年、罰金200万円を求刑しました。

こんな記事も読まれています