警視庁職員の新型コロナ感染 今月、50人超える[2022/01/15 14:18]

 警視庁は14日、警察官16人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。今月、感染が確認された警視庁の職員は53人となりました。

 警視庁によりますと、新たに感染が確認された警察官は男女16人で、所属は新宿区に庁舎のある特科車両隊が3人、そのほか、板橋署、築地署、麻布署、渋谷署、新宿署などで感染者が確認されました。

 警視庁は「勤務中に感染が疑われる程度に接触した一般の方はいない」としています。

 感染の可能性がある他の職員は自宅待機となっていますが、業務への影響はないということです。

 今月、新型コロナの感染が確認された警視庁の職員は53人となりました。

こんな記事も読まれています