大雪原因は?“雪の線状降水帯”世界初の事態解明へ[2022/01/19 20:09]

 冬に大雪をもたらす雪雲の帯の実態解明を目指し、世界初の調査団が出港しました。

 三重大学や水産大学校などの調査団は19日午後2時すぎ、下関港から日本海へ向かいました。

 「冬型の気圧配置」の時、大陸からの風が朝鮮半島の山脈で2つに分かれた後、日本海で再び合流して次々に雪雲を発生させます。

 この雪雲の帯が「JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)」で、日本列島にかかると大雪をもたらします。

 その実態は謎も多く、今回、解明を目指して世界初の調査が行われます。

 調査団は雪雲の帯の下で湿度や気圧、海水温などを集中的に調べるということです。

こんな記事も読まれています