オミクロン株“亜種”従来型より感染力高い分析[2022/01/27 06:21]

 ヨーロッパなどで増加するオミクロン株の亜種について、従来の型よりも感染力が高いとする分析が厚生労働省の専門家会合で示されました。

 京都大学の西浦博教授らは、従来型からの置き換わりが進むデンマークのデータから、従来型のオミクロン株「BA.1」と変異した亜種「BA.2」について、感染者1人から何人に移るかを示す「実効再生産数」を調べました。

 その結果、一定の条件のもとでは従来型よりも亜種の方が18%高いことが分かりました。

 オミクロン株の亜種は検査で判別が難しいとされ、「ステルス・オミクロン」とも呼ばれています。

 西浦教授は「オミクロン株の流行規模が小さいなどと過剰に期待すると亜種への置き換わりでもくろみが崩れる可能性がある」としています。

こんな記事も読まれています